モットンの口コミと腰痛効果を徹底検証!

当サイトの目的は、寝具業界でも話題の高反発マットレスの中でも特に人気の「モットン」について、実際に私自身が使用して感じた腰痛効果や他の方の口コミから見えてくるモットンの効果について徹底検証。

 

モットンを実際に使い、口コミを含め徹底検証した結果「とても重要な事」を発見しました!

 

その「とても重要な事」を事前に知らないと、いざ「モットンを購入して失敗した…」なんてことになりかねません。モットンの購入を検討されている方には、今すぐに読破して頂きたい話です。

 

これからモットンを購入しようと思っている人、すでにモットンを購入した方でより効率的にモットンを活用したい人にも参考になる情報を紹介します。

 

購入してから後悔したくない方や失敗したくない方は必見の情報が満載!

 

でもすでにモットンのことはよくわかっているので、

 

今すぐに最安値でモットンを購入したい方は、公式サイトで行われている20000円引きのキャンペーンをチェックしてみてください。

 




>>モットンの公式サイトはこちら

 

モットンを実際に購入して腰痛効果を徹底検証!

モットンは公式サイトとネットショップでしか購入することができません。私の場合は在庫があったのか、注文してから3日ほどで自宅にモットンとメリーさんの高反発枕(モットン専用枕)が届きました!

 

 

ダンボール箱の外側にもクリアーのラップで包装され、雨や雪などの水が付着&侵入してマットレスが汚れないようにガードされているので安心です。こういった細かい気配りが購入者としては非常に嬉しいポイントですね。

 

 

今回は、モットンとメリーさんの高反発枕をセットで注文しましたので、2つのダンボールが固定されて一つの荷物として到着しました。それにしても高反発マットレスって圧縮袋に入って届くからか、非常に小さいんです。上のダンボールがメリーさんの高反発枕、下のダンボールがモットンです。

 

 

モットンのダンボールには、製造メーカー名(株式会社グリボー)とサイズ、反発力、重さ、素材や重量などモットンに関する様々な情報が沢山書かれていますので、自分の注文した商品かどうかを箱を開けなくとも確認することができます。

 

 

外側の透明ラッピングを剥がすと良く見えますね。このサイズに高反発マットレスが収まっているのがいまだに信じられません。

 

 

早速外箱を開けると、なんと中にも箱が。モットンの公式サイトの商品説明では直に商品が入っていたので、少し驚きました。

 

 

中箱にもモットンのサイズや商品情報などが記載されています。早くモットンを見たいですね。

 

 

おーーこれがモットンです。しっかり梱包されています。保証書とベルトなどの付属品がありますので、全て揃っているかチェックしておきましょう。それにしても本当に圧縮袋に入って折りたたまれています。

 

 

これが箱から出したところです。かなりコンパクトに圧縮されていますが、高反発マットレスなので、復元力でちゃんと元に戻るんでしょうか?気になります。

 

 

ということで、開封の過程を動画にしてみました。圧縮袋にカッターを入れると一気に膨らんで、中から取り出すのが一苦労。本当に凄い復元力です。

 

 

モットンの白いカバー手触りも見た目も凄くいい感じです。正直な話マットレスのカバーには期待していなかったんです。でもこれなら誰に見せても恥ずかしくない。そんな感じだと思いませんか?

 

 

圧縮袋から出した直後なので、端っこの部分がまだまだ元に戻っていませんが、1時間後に見たら、もうキレイな感じに戻っていました。

 

 

我慢できずに、早速手で高反発マットレスのモットンがどんな感じなのかチェック!!うん、いい感じの反発力です。手触りも最高です。

 

 

モットンには保証書とモットンの開発本とキャンペーン情報が書かれた3種類の冊子などが入っていました。保証書はもしもの返品の際に大事なものなので必ずあるかチェックしておきましょう。

 

 

そういえば、収納用のベルトも入っていますので、早速モットンを三つ折にしてみました。反発力が強いので、キレイに3折にできませんでしたが、コンパクトにまとまります。これなら使わない時に場所も取りません。

 

 

ちなみに私が使用してた布団は、ニトリのお得な5点セットのもの。当然体圧分散も反発力もありません。低反発マットレスでもない普通の敷ふとんをベッドの上に載せていただけなので、腰痛効果なんて期待できない訳です。

 

 

そしてこれがモットンとメリーさんの高反発枕をベッドに設置した状態です。一気にベッド周りのレベルがアップしました。どうですかこの高級感。モットン様々です。あっという間に寝室がグレードアップ。これでいつ誰が来ても大丈夫です。

 

 

実際にモットンで初めて寝てみて思ったこと。
それは横になると下から腰のカーブをそっと誰かに支えられてるような感覚で腰痛に凄く効果があるかも?という印象でした。

 

背骨がまっすぐになるというか、寝る際にこんなに背骨の位置について考えさせられる寝具は初めてでした。低反発マットレスだと単に柔らかい良い寝心地という感じですが、モットンはまったく違います。

 

私の場合は、実際にモットンを使い始めて4日目くらいから寝起きの腰痛が楽になると感じ始め、1週間、2週間と時間が経つにつれてどんどん腰痛がなくなってきました。実際にモットンで寝て1ヶ月もする頃には寝起きの腰痛がない。まったく腰が痛くないという状態まで腰痛が改善したんです。

 

これって凄いことなんです。
私の腰痛は結構頑固で、今までも何度も整体やカイロプラティックに通って、整体師の友人にも腰痛とは縁が切れないかもと言われるほどだったんです。でも今は寝起きの腰痛が全く無いし、整体師の友人もこの劇的な変化に驚いています。

 

ホント寝姿勢が変わる。体圧が分散される。高反発マットレスに期待できる効果で、ここ5年ほど悩んでいた腰痛が僅か1ヶ月で回復するなんてモットンを購入する前は思いもしませんでした。ここだけの話、モットンもダメ元で購入したんです。

 

90日間の返品保証があるから、最悪は突き返してしまえばいいかな…と。でも今となってはモットンを手放せません。10年以上は耐久性があるということなので、まだ9年はモットンを愛用しようと思っています。

メリーさんの高反発枕もモットンに合わせて購入!

高反発マットレスのモットンの効果を最大化する方法の一つが、モットン専用枕とも言えるメリーさんの高反発枕を併用して高反発マットレス+高反発枕の組み合わせにすることです。そこで今回はモットンに合わせて、メリーさんの高反発枕も購入しました。

 

 

メリーさんの高反発枕も外箱の周りに透明ラッピングがされて水分が侵入しないようにしっかりガードされています。

 

 

透明ラッピングを剥がすと、メリーさんの高反発枕もモットン同様に詳細なサイズや仕様を確認することができます。

 

 

外箱の中には、こちらも内箱がありしっかり商品が保護されていることがわかります。

 

 

外箱の裏側には、快適な睡眠を得るために重要な要素が書かれています。

 

 

  • 自分に合った角度(高さ)が重要
  • 柔らかく寝返りしやすい反発力が重要
  • 湿気を溜めない通気性が重要

 

つまりメリーさんの高反発枕はこの全てを網羅しているということですね。早速、中身のチェックに移りましょう。

 

箱のなかには、専用袋がありしっかり商品を保護しています。その中に保証書が入っていますので、こちらもしっかり保管しておきましょう。

 

 

専用袋の中に更に透明ビニールで保護されています。本当にこの会社は水分による濡れや汚れをしっかりガードするということに徹底しています。

 

 

透明ビニールを剥がすとようやくメリーさんの高反発枕とご対面です。モットンと々様なカバーなので、一体感もバッチリです。更に乾燥剤が入っているのも湿気対策がしっかりしているポイントです。

 

 

メリーさんの高反発枕は実は6つのパーツで構成されています。これは裏側に隠されている半分のサイズの高さ調整シートです。

 

 

そして本体には、4枚の高さ調整シートが入っていることで高反発と高さを調整することができます。

 

 

これが横から見た感じです。まさに高反発枕って感じでしょ?本当にモットンとの相性が良い、そんな枕になります。

 

 

もしメリーさんの高反発枕に興味がある方は、43%オフで購入&90日間返金保証のある公式サイトでチェックすると良いと思います。



メリーさんの高反発枕の公式サイトはこちら!

モットンの腰痛効果が凄いと人気で話題に!

高反発マットレスのモットンの腰痛効果が凄いとTVや雑誌、インターネットの口コミサイトなどで話題になりすぎて、モットンは一時品薄になるほどの人気に。

 

高反発マットレスやモットンについて調べている人であれば既にご承知だと思いますが、モットンは日本人の腰痛対策に専用設計された高反発マットレスです。だから日本の四季にも対応しますし、何よりも日本人の骨格にピッタリなのです。

 

そんな高反発マットレスのモットンの特徴とメリットを3つのポイントに絞って紹介したいと思います。この3つのポイントを知ることでモットンの腰痛効果を実感できますので、これから購入しようと思っている人は是非読んでおいてください。

 

 

高反発マットレスのモットンが向いている人の特徴とメリット

 

腰痛対策マットレスなので、腰痛を抱えた人向き

 

日本人の体型に合わせて設計された腰痛対策マットレスなので、様々な年代や性別を問わずに腰痛効果が高いんです。日本人の腰痛の原因の多くが睡眠時に筋肉の緊張(コリやハリ)を改善できずに、翌日まで持ち越してしまうという部分にあります。

 

しかしモットンの場合、適度な寝返りを今までの8割の力で打つことができるので、寝返りにより体の緊張をほぐす効果を得ることが出来るだけではなく、寝返りの適正化で睡眠時に起こる血流やリンパの流れの悪化を予防することができます。

 

実際にモットンを使用して行った腰痛に悩む100人に対する1ヶ月のモニターでは、94%以上の人が効果を実感!15日を過ぎた辺りから腰痛の痛みが気にならなくなり始め、1ヶ月経過後にはそれまで辛かった腰痛の症状が軽くなったと感じています。

 

更に寝起きの腰痛の痛みを感じる回数が3分の1以下に低下したと答えています。しかもこのモニター期間中は、一切の病院(整体やカイロプラティック含)と湿布の使用を行わずにモットンの純粋な効果だけで腰痛効果があるのかどうかを判断しています。

 

湿布薬や処方薬、ブロック注射などのように使うことで一時的に腰痛の痛みを和らげてくれるものではなく、モットンは筋肉の緊張を根本から改善することで腰痛を緩和するだけではなく、感じない状態にまで改善することができます。 

 

しかもモットンは様々な体型の日本人に対応できるように、商品を細分化。従来の140Nだけではなく、より軽い体重の人向きの100Nやより重たい体重の人向きの170Nまでラインナップしていますので、今までは体重の影響でモットンの腰痛効果を実感できなかった人でも自分に合わせた商品を選べるようになりました。

 

実際に私も5年以上悩み続けていた腰痛がモットンを使い始めて1ヶ月ほどでほぼ感じなくなったのには、驚かされました。腰痛効果だけではなく、寝起きのすっきり感が今までよりも高く、熟睡できて疲れが取れているのが良くわかります。

 

あれだけ辛かった腰痛がモットンという寝具一つで改善したことに本当に驚いています。

 

性能、機能の高さの割にコスパが良いモットン!

 

高反発マットレスが日本で流行りだしたのは10万円以上もするエアウィーヴやマニフレックスのような外国産の高反発マットレスを多くのアスリートが愛用していることや、イメージキャラクターになって宣伝したことも影響しています。

 

香川真司選手や本田圭佑選手、三浦知良選手やなでしこジャパンのメンバーなどのサッカー選手、羽生結弦選手や浅田真央選手などのフィギュアスケート選手、岩隈久志投手や青木宣親選手、前田健太投手などのメジャーリーガーなど本当に多くのプロアスリートが高反発マットレスを愛用しています。

 

でも殆どがエアウィーヴやマニフレックスなどの外国産の高反発マットレスです。スポーツ選手のように平均的な日本人よりも骨格も筋肉も進化した人なら外国産の高反発マットレスでも効果を実感できるのかもしれませんが、一般的な日本人の場合にはそうはいきません。

 

骨格も筋力も外国人と違うのにそこに10万円以上のコストをかける意味はありません。なぜなら、モットンは10万円クラスの外国産の高反発マットレスとほぼ同じ性能を持っているから。

 

それが今なら公式サイトで39800円で購入できます。

 

でもなぜモットンはそこまで安く買うことが出来るのか?他のメーカーのように広告宣伝に頼っていないからです。口コミや実際に試した人からの紹介で愛用する人が劇的に増えているので、広告費をかけない分だけ商品代金を安く出来るんです。

 

モットンの性能は全て経済産業大臣の承認した第三者機関での試験結果が公表されていますので、公平な目でチェックされた検査データでモットンの性能の高さを本当に確認できます。どの数字を見ても、エアウィーヴやマニフレックスにも劣らないことがよくわかります。

 

モットンの90日返品保証は安心・信頼の証です。

 

モットンを購入する一番のメリットと思えるのがこの90日間返品・返金保証です。モットンを好きなだけ自宅で使ってその上で本当に腰痛効果があるかどうかを自分で実感して、最終的に返品してもいいんです。

 

だから高反発マットレスの効果を信用していない人でも気軽にチャレンジできるんです。いくらコスパの良い高反発マットレスのモットンでもただでは手に入らないんです。でもこの返品保証があるおかげで、ただでモットンの効果を90日間の体験できます。

 

普通に考えたらありえない話だと思いませんか?外国産の10万円以上する高反発マットレスには、こういった返品保証はありません。だから買って腰痛効果を実感できなければ、お金をドブに捨てるようなものです。でもモットンは違います。

 

商品の質や腰痛効果に絶対の自信があるから、90日間使えば効果を感じないという人はほぼいないという自信があるから、この返品保証をつけているわけです。

 

実際にモットンを90日間使用して返品する人は1.2%ほどいるようです。100%誰もが満足できる寝具なんて無いですよね?実際に腰痛効果を感じたモニターさんが94.2%で返品した人が1.2%というのがモットンの実情です。

 

90日返品保証を確実に受けられるのは公式サイトでモットンを購入した場合です。最近はモットンの類似品もあるようなので他のサイトでモットンを購入したら類似品だったなんてこともあるかもしれません。

 

そうなったらモットンの本当の効果を実感できないだけではなく、返品保証も受けることができずに、高反発マットレスを二度と買わなくなってしまうと思います。最安値で購入できて、確実に返品保証も受けられるのは公式サイトで購入した場合だけです!

 

だからもしあなたがモットンを購入しようと思うなら、公式サイトを絶対にお勧めします!

 

モットン購入者の口コミを徹底チェック!

私の個人的な意見だけではモットンの本当の効果や効能を知ることができないと思いますし、少しでも多くの人の意見を相対的に見ていくことで、モットンの隠された魅力やあなたにとってモットンが必要なのかどうかの判断もできると思います。

 

そこでモットンの口コミを悪評と評判の良い点にわけて実際にモットンのどこが悪評につながっているのか?モットンの効果に満足した人はどこが良いと感じたのかなどモットン購入者の口コミを徹底検証します。

 

モットンの悪評

 

皆さんのレビューや口コミをみてモットンを期待して購入したのですが、私には合わず残念ながら返品させてもらうことにしました。ただ返品の際のスタッフさんの対応は素晴らしかったので、また機会があれば別の商品を購入しようと思います。 50代/女性


 

自分には合いませんでした。本当に腰痛効果があるのかな?と思えて仕方がないです。 30代/女性


 

奮発した割には、高い買い物でしたので、返品します。 20代/男性


 

モットンを圧縮袋から開封した時の独特の臭いが凄く気になり、3日くらいはまともに使えませんでした。 最初の印象が良くなったですね。 30代/女性


 

モットンの良い口コミ

 

仕事柄長時間のデスクワークが中心だったこともあり、慢性的な腰痛に苦しんでいました。子供もまだ小さく3才と6才。まだまだ抱っこをせがむ年齢ですが、腰痛の悪化とともに抱っこできない日々が続いていました。

 

病院でリハビリしても、低周波治療もハリもお灸も半年以上通院しても私の腰痛は改善の兆しなし。整体にも行きましたが一時的な効果だけで長続きしなかったんです。

 

しかしモットンを買って寝始めたら、腰痛が気にならなくなってきたんです。

 

腰痛が酷いと寝起きから不機嫌なこともありましたが、今ではスッキリ起きられるようになって、快適な生活に戻れました。それに子供を抱っこすることもできる様になったので、母娘で喜んでいます。ホントモットンのお陰です。最近ではデスクワークでも腰痛が悪化せずに仕事の効率も上がって凄い嬉しいです。 30代/女性


 

産後4ヶ月目を境に腰痛が悪化、子供の夜泣きよりも腰痛が痛くて起きる日が続いていたんです。授乳もしなければならないし、あおむけ寝で寝ると最悪。起き上がるにも時間が掛かるし、授乳の時に抱くのも一苦労でした。

 

病院でレントゲンにMRIと様々な検査をしたものの腰痛の原因は一向にわからずに、単なる運動不足と言われる始末。慌てて産後ヨガやストレッチを生活に取り入れてみましたがまったく効果なし。

 

そこで周りのママ友に聞いてみたら、もっとんが良いよと勧められて旦那に相談して購入。

 

モットンで寝た初日から快眠&寝起きもスッキリ。いつしかあおむけ寝でもまったく問題がない状態にまで腰痛も回復し、夜泣き以外で起きることもなくなり授乳で抱いた際の痛みも感じなくなりました。本当に寝起きのスッキリ感がすごいです。モットンって最高かも。 30代/女性


 

職業が介護職ですが、介護職ってかなりのちから仕事なんです。お年寄りの世話を続けていくうちにこちらが腰痛で介護してもらいたい位になってしまいました。腰痛が悪化した時には、普通に歩くのも辛くなり、片足をびっこひいて歩く日も合ったんです。

 

だから介護職を続ける自信も体力もどんどん無くなってしまいました。普段の生活でも普通に洗顔できないほどの状態だったので、転職を考えていました。そのことを友人に話したら、モットンを紹介してくれて同じように腰痛に悩んでいたけど改善できたというので、半信半疑で購入しました。

 

まぁ最悪は返品すれば良いかな‥とも考えていたので。しかし実際に使用してみると
自分の腰痛がどんどん改善していくのを日々実感することができたんです。寝姿勢と腰痛の関係なんてまったく意識していませんでしたが、こんなにも効果があるとは。今後もモットンを使い続けます。 40代/女性


 

慢性腰痛に悩んでいて、ぎっくり腰なんかもしょっちゅう。一度腰を痛めてしまうと仕事どころかトイレにいくのも一苦労です。階段の登り降りも歩いて出来ずに這って2階に行く始末に自分でも嫌気が差していました。

 

そんな時は、いつも湿布を貼って病院で痛み止めをもらって…つまり薬でなんとか腰痛を散らしていたという状況で何年も過ごしていたんです。ベッドで寝るのが辛い時は床で寝たりとか。ホント人間らしからぬ生活を送っていました。

 

しかしモットンを使い始めて数日、徐々に腰の負担が軽くなって、背骨を伸ばしたり普通に歩いたり、毎週通っていた病院に行く頻度もどんどん少なくなっていったんです。今では夜中もリラックスして寝ることができますし、何よりも朝スッキリ起きられるのが本当に嬉しいです。腰痛って簡単に治るんですね。 50代/男性


 

美容師に憧れて就職したものの立ち仕事が多く、慢性腰痛とそこからくる偏頭痛にずっと悩まされていたんです。特に前かがみでお客様の髪の毛を洗う際には動きが一瞬止まるほどの腰痛を感じることもあり、お客様に迷惑をかけることもあったんです。

 

腰痛効果があると聞けば遠くの病院まで少ない休みを利用して通っていましたが、腰痛が一向に改善せずに、本当に諦めていたんです。そんな時にモットンを美容師仲間に紹介してもらい使うようになりました。

 

実際に効果があるかな‥と思ったのはモットンを使い始めて3日目くらいです。今までの治療効果は、僅か数日で終わってしまうことが多かったですが、モットンはそれから徐々に腰痛を感じなくなり、どんどん痛みが消えていったんです。

 

本当にモットンは寝心地が良く、私は宙に浮いている感じの寝心地が気に入っています。美容師の職業病だと思っていた腰痛ともこれでおさらばできそうです。本当にモットンに会えてよかったです。今では毎日楽しい時間を過ごせています。 30代/女性


 

腰痛が悪化してからというもの外出する機会がどんどん減っていき、遂には病院に行くくらいしか外に出なくなって暇でつまらない生活を送っていたんです。

 

整骨院や整形外科の治療は。電気や針を使っておこなうのですごく気持ちが良かったんですけど、すぐに元通りの腰痛が戻ってくるので凄くもどかしい日々だったんです。それでも少しでもよくしたいと整骨院や整形外科、カイロプラティックなど10件以上はお店を変えながら通院していたんです。

 

夜中に腰痛が悪化した時も朝起きれば治っているだろうと思っていたら、腰痛が収まるどころか悪化しすぎて救急車で運ばれて腰にブロック注射されてなんとか帰宅出来たなんてこともザラにあったんです。

 

まぁ歳だからとほとんど諦めていたのですが、もうこれ以上腰痛が悪化したら寝たきりになるんではないか?との不安に駆られモットンを急いで購入しました。

 

でもモットンに変えてから、腰痛がどんどん回復し、いつの間にかあんなにひどかった腰痛が全く気にならない状態になったんです。もしあの時モットンを買っていなければと考えると本当に怖い話です。お陰で大好きな温泉に自分でドライブして行けるようになりました。 60代/男性


 

前回は投薬でなんとか症状を抑えることができた椎間板ヘルニアが再発して、今回も投薬で乗り切れればと考えていたところ、2週間ほど薬を飲んでもまったく効果がなく、医者にはもう次は手術するしか無いね。と言われてしまい一人で落ち込んでいました。

 

そんな時にモットンに出会い藁をもつかむ思いで購入。モットンを使い始めた後も仕事が忙しく、目が回るような日々を過ごしていたんですがある時ふと、腰痛が消えていることに気付いたんです。仕事が忙しくなると以前は片足を引きずるようにあるいていたのに、今はどんなに忙しくても普通に歩くことができています。

 

仕事が忙しくなると椅子に座ったり立ったりするのもできるだけ回数を少なくしたり、荷物を持つのもビクビクしながらやったりとかなり自分の行動に制限をかけていたということに初めて気付いたんです。

 

職場のメンバーにも最近元気になったんじゃない?と言われるようになるほどに大きく変わったみたいです。本当にモットンを買って良かったです。 50代/男性


 

子育て真っ最中で夜中の授乳もあり、睡眠時間が短く疲れが取れない毎日の中でギックリ腰になってしまい 少しでも疲れが取れればと、高価ではありますが思い切って購入しました! 初めて寝た日からビックリするほどの熟睡で朝起きると疲れが取れた実感があります。買って良かったです!! 30代/女性


 

1年半ほど前から酷い腰痛に毎日悩まされていました。あまりにも辛すぎて病院や接骨院などにいきましたが骨などに異常もなく病気ではなくただの腰痛と分かってからは、腰痛に効果がありそうなものを片っ端から試していました。 そしてモットンに出会い、これが大正解!寝ている時に腰をしっかり支えてくれている感じが気に入っていますし、腰痛に効果があったので助かっています。 40代/男


 

ネットサーフィンでモットンをみつけてからしばらくは購入を迷っていましたが、腰痛があまりにも辛くなり思わず購入しました。安い買い物だとは言えませんが返金保証もついてましたので、そういう意味ではそこまで抵抗なく購入できました。いま考えると、もっと早く試していれば良かったです。以前は毎朝腰のあたりが苦しい感じで起きていましたが、今ではスッキリ起きれて本当に快適です。 30代/女性





>>モットンの公式サイトで他の人の口コミをチェックする!

モットン口コミまとめ!腰痛効果のある人とない人が浮き彫りに!

モットンに関する口コミを徹底検証した結果、腰痛効果のある人とない人には、共通点が見つかりました。

 

・モットンで寝た期間が短い(1ヶ月にも満たない期間での感想)
・モットンにはすぐに腰痛効果があると誤解している人
・腰痛の原因が外科手術しか改善方法がない人

 

腰痛効果のない人の特徴は、モットンを使ったらすぐに腰痛が改善すると誤解している感じがしますし、何よりも感想があっさりしていますよね。つまりちゃんとモットンを使い続けていないのではないか?と考えられるわけです。

 

しかしモットンで腰痛効果のあった人は、モットンのことをしっかり理解して使っているので、最初の数日で効果がなくとも無料期間の90日間は元を取るつもりで使い倒そうとしていますので、使い続けることでモットンの腰痛効果を実感しています。

 

・モットンの腰痛効果は個人差があり、すぐに実感できないこともある。
・高反発マットレスの腰痛効果は寝起きの腰痛に悩む人が実感しやすい。
・蓄積した骨格の歪みを内側から変えていくので、ある程度使いつづける必要がある。

 

「とても重要な事」という話を最初にしたのを覚えていますか?モットンのような高反発マットレスの効果は当然ながら個人差があります。それはモットンだけの話ではなく、腰痛は人それぞれ原因や状態が大きく異なるということです。

 

高反発マットレスで改善できる腰痛は、筋肉が緊張(ハリやコリ)することで起こる神経の圧迫による腰痛で、長年蓄積された筋肉の緊張を改善する為には人によっては数ヶ月かかることもあるので、その間はモットンを使い続ける必要があるということです。

 

それを無視して、数日寝ただけでモットンの効果の良し悪しを判断してしまうとモットン以外の高反発マットレスを使ったとしてもまったく同じ結果になります。重要なのはモットンに変な先入観を持たずに、腰痛が治ることを期待してまずは90日間使い続けることです!

高反発マットレスはなぜ腰痛効果があるのか?

人間は人生の3分の1を寝て過ごします。しかし日本人は寝具に対する思い入れがさほど強くなく、どれを購入してもそこまで効果が変わらないと誤解している人が多いんです。そこで高反発マットレスのどのような部分に腰痛効果があるのか?

 

そのメカニズムや仕組みを科学的に分析することで、高反発マットレスが低反発マットレスや他の寝具よりも優れているということについて紹介します。この記事を参考に高反発マットレスのモットンの優れた特徴を更に詳しく紐解いてみましょう!

 

高反発マットレスの体圧分散が腰と肩の負担を軽減!

 

布団やマットレスの上に横になると、頭やお尻などの重みがある部分が沈み込む感じがしますよね?体圧計のデータでも個人差があるものの仰向けになった姿勢では、肩と腰の辺りに大きな体圧がかかることがわかっています。

 

大きな体圧がかかっている部分=負荷がかかっている部分なので、そこに歪みが生じたり筋肉のハリやコリなどが起こり緊張状態になるわけです。しかしその耐圧を上手く分散することができれば、筋肉も緊張状態にならずに腰痛や肩こりを改善してくれる効果が期待できるわけです。

 

人間は二足歩行で歩き回る様に進化したことで、立った状態では体がS字カーブを描いて腰・肩・頭などのバランスを取っていますが、仰向けに寝ると体圧がかかり理想のS字カーブが乱れてしまいます。つまりこのS字カーブを維持できる寝姿勢が理想系というわけです。

 

しかし低反発マットレスの様に柔らかすぎるマットレスの場合、大きく体圧がかかる肩や腰の部分で大きな沈み込みが起こり理想の寝姿勢を維持できずに肩こりや腰痛という症状になって体の不調が現れてしまいます。

 

逆に硬すぎるマットレスの場合にも、ある程度の寝姿勢は維持できるものの体圧がかかる首と腰の血流やリンパの悪化を改善する為に何度も寝返りを繰り返し筋肉の疲労を回復することができないんです。

 

実際に硬い床などで寝た際に体が痛くて起きてしまったという経験はありませんか?硬い床で寝ると体の痛みの原因や睡眠が浅くなるなど夜中に目覚める原因になりますし、体を休められないことで別の痛みを生み出す原因にもなりかねないのです。

 

ではモットンのような高反発マットレスの体圧分散が実際にどうなっているのか?この写真で確認してみてください。

 

 

このように硬すぎたり、柔らか過ぎるマットレスを使って寝ていると体のS字カーブが保てないことが原因でいくら寝ても疲れが取れにくかったり、睡眠時の体圧の影響による腰痛や肩こりの症状を引き起こすことに繋がるわけです。

 

ちなみにいくら高反発マットレスと言っても、価格の安いすぐにヘタってしまうものや既に寿命を迎えたものなどは、肩や腰の部分が既に凹んでしまっていることもあり腰痛や肩こりを改善させどころか、逆に悪化させることもあるので耐久性が高い高反発マットレス(モットンのように10年保証)の商品を選ぶ必要があります。

 

もしあなたが使っているマットレスが肩や腰の部分を触った際に他の部分と比べて柔らかくなっているようであれば、既にそのマットレスはへたり始めているということになりますので、買い換えないと腰痛や肩こりを悪化させる可能性があります。

 

高い反発力で寝返りをしっかりサポート!

 

人間が睡眠時に寝返りを打つのは体圧による血流やリンパの流れの悪化を予防したり、体の歪みを矯正するために自然に行うものですが、当然ながら寝返りにも筋力を使います。寝返りの回数が多すぎたり、寝返りに苦労するような柔らかさの場合には寝ても疲れが取れない原因になってしまいます。

 

まず人間が一晩にする寝返りの理想の回数は20回前後と言われています。では実際に柔らかい低反発マットレスと硬い布団で寝た場合に高反発マットレスとどのくらい寝返りの回数に違いが出るのか?ここでマットレスの硬さの違いによる寝返りに関するデータを紹介したいと思います。

 

 

今回ご紹介した寝返りに関するデータですが、モットンを販売している株式会社グリボーさんが腰痛に悩む30代〜50代の男女20人に、1つの布団を3夜連続で8時間睡眠を取ってもらい赤外線カメラを用いて1分間隔で撮影して寝返りの平均回数を計測したものです。

 

この結果、モットンが男女ともに最も理想の寝返り回数に近いということがおわかりになると思います。更にアンケートの結果として、寝起きの腰の軽さはモットンが一番良かった。つまり寝起きの腰痛を感じにくいと答えています。

 

それもそのはずです。寝返りしやすいように設計されている高反発マットレスで1回寝返りをする際に必要なエネルギー消費量を100とした場合に、モットンを使うと僅か80のエネルギー消費で寝返りが打てるんです。つまり寝返りするのに筋力がいらないので高齢で寝返りが大変な人でもモットンを使うと簡単に寝返りを打つことができるというわけです。

 

※自然な寝返りを打つために必要な条件とは?

 

寝起きになのになぜか疲れている、どれだけ寝ても疲れが取れない、寝起きの腰痛が酷い、夜中によく目覚めてします。このような状態が続いている場合には、間違った寝具選びをしている可能性があります。

 

もしあなたが店員さんのおすすめや手触りだけで寝具を選んでいる場合、寝返りが上手く打てに寝具に高いお金を出してしまっているなんてこともあるんです。そこで寝具の硬さでどれだけ寝返りのしやすさが違うのか?筋肉が衰えても自然に寝返りを打つために必要な条件とは何か?ということを紹介します。

 

羽毛布団のような柔らかい寝具を使用している場合

 

人間が仰向けで寝ている時には、胸と腰の部分だけで全体重の80%の負荷がかかっている状態になります。羽毛布団のような柔らかい寝具を使用すると特に体圧の強い腰の部分が沈み込むことで腰に高い負荷がかかり、腰だけではなく沈み込んだ腰をカバーするために首や肩周辺の筋肉が常に緊張状態になってしまいます。

 

筋力には限界があるので、筋肉で維持できなくなったタイミングで不必要な寝返りを繰り返しその負荷を分散しようとします。その結果眠りが浅くなるだけではなく、寝返り回数の増加による疲れも追加され、寝起きがすっきりしなかったり、寝起きの腰痛を感じたりします。

 

更に柔らかい寝具で寝ると腰の沈み込みによる影響は寝返り時の腰と頭の回転速度にも違いが生まれ、ねじれの発生による腰痛にも繋がってしまいます。

 

 

木綿布団や羊毛布団のような硬い寝具を使用している場合

 

硬すぎる寝具を使用していると寝返りは簡単にできるものの、常に同じ部分に体圧がかかってしまい、そこが痛くなることで不用意な寝返りが増えます。こちらも柔らかすぎる寝具同様に眠りが浅くなるだけではなく、疲れやだるさを感じる原因になります。

 

 

高反発マットレスは自然な寝返りをサポート!

 

自然な寝返りを必要な回数だけ行うことが出来るのが高反発マットレスのメリットです。体圧分散に優れ、自然な寝返りをサポートする反発力がありますし、体の無用な沈み込みがない。これらは全て自然な寝返りをするために必要な条件です。

 

体圧分散性の高い寝具で寝ると、胸と腰にかかる全体重の80%を適度に分散してくれるので、睡眠の質を下げることなく不要な寝返りをする必要がなくなります。更に寝返り時にも反発力が寝返りサポートしてくれますので、筋力の衰えた年配の人でも簡単に自然な寝返りを打つことができます。

 

 

モットンを購入した私の感想と評価!腰痛効果はあったのか?

私がモットンを購入して本当に良かったと思った点は3つあります。実際にモットンを使ってどんな効果があったのか?モットンを選んで本当に良かったポイントはどこなのか?あなたが高反発マットレスを選ぶ際の参考にしてください。

 

モットンを購入して1ヶ月で慢性腰痛が改善し、仕事も人生も楽しくなった。

 

最初の方でも書きましたが私はここ5年ほど酷い慢性腰痛に悩んでいました。

 

整形外科、整骨院、カイロプラティックなど腰痛に良いという評判を聞くと休日を利用して場所や方法を変えながら何度も通っていたんですが、一向に腰痛が改善することはなく、施術をしてもらった翌日とか、早ければその日からまた鈍痛を感じるような状態だったんです。

 

それまで使っていたのは8万円くらいで購入したポケットコイルマットレスです。そのマットレスを買う際にもかなり奮発しましたが、良かったのは最初の数日だけ、後はやっぱり腰痛が治らないので、タオルを敷いたり、薄いマットレスを購入してみたり、床で寝てみたり‥イロイロ試しましたが私の腰痛は全く改善しませんでした。

 

腰痛の悪化はデスクワークをしている私にとっては仕事に直結することで、あまりにも腰痛がひどい時は、30分おきにトイレに行くふりをして、ウロウロ車内のを歩いていたものです。座っていると肩こりは激しいし、時には眼精疲労や片頭痛なども酷くて居ても立ってもいられないという状況でした。

 

だから車の運転もここ数年は控えていたんです。本当はドライブが好きなのに、でも同じ姿勢で運転し続けるのが本当に辛くて、遠出どころか近所の買い物も億劫になっていたんです。

 

全ては腰痛が原因。
5年前にぎっくり腰をしたことをきっかけにどんどんそんな症状に悩まされて行ったんです。 それまでは週末はドライブもしていたし、仕事も集中して取り組んでいたので、それなりに評価されていたはずでした。

 

そんな時、モットンで腰痛が治ったという話を聞いたんです。そこでモットンについてイロイロ調べ始めました。モットンの体験談に私と同じように慢性腰痛と偏頭痛に悩まされている美容師さんの口コミがあって、腰の痛みが無くなって毎日不安なく楽しく生活できるようになったと絶賛しているのを発見し、悩んだ末に購入することにしたんです。

 

モットンはイロイロ硬さがありましたが、標準体型よりも少し細い私ですが140Nのレギュラー品を注文。いつ届くのか?と待っていたら3日後にはあっという間に自宅に届いたんです。私の場合、モットンとメリーさんの高反発枕のセットで注文しましたが本当にあっという間でした。

 

モットンはマットレスなのでサイズも大きいと思っていましたが、圧縮袋のお陰でメリーさんの高反発枕2個分くらいしか無いサイズでしたし、送料無料で届けてくれたのは有りがたかったです。

 

すぐにモットンが届いたのがあまりにも嬉しくて、腰痛効果も期待していたので、開封した時を思わず動画にとってしまったのが私らしくていいですけど、本当にここに入っているの?という小さなサイズで来るのでビックリしますよ!

 

 

上の箱がメリーさんの高反発枕で、下の箱がモットンです。本当に小さいと思いませんか?この中にモットンが詰まっているなんて、本当にびっくりしましたけどでも高反発マットレスは圧縮袋で小さくしても反発力があるので大丈夫!ってところがポイントです。

 

私がモットン購入した理由は、美容師さんの体験談もそうですが、公式サイトで購入すると、90日の返品保証があったからというのも購入した理由の一つなんです。もしも慢性腰痛に効果がなかったら?その時はそのまま突き返せばいいじゃん。という気持ちもあったんです。

 

やっぱりどんなにネット上の口コミや評判が良いものでも実際に自分に合っているかは使ってみないとわからないですし、特に腰痛で5年も悩んでいると治らないが前提になってきますので、ダメ元という気持ちでモットンを選ぶのもわかると思います。

 

さすがにモットンで寝た初日から腰痛効果があったなんてことはなく、私の場合は4日目くらいから徐々に腰痛が改善し始めた感じです。なんか寝ててもモットンは安心できるんです。可愛い女子が腰のカーブをそっと支えてくれているような。そんな寝心地なんです。これは初日に本当にビックリしました。そんな感覚は今までのマットレスでは感じたことがなかったので。

 

日常生活に腰痛の影響がほぼなくなったのが、1ヶ月を過ぎたくらいです。その後どんどん腰痛も気にならなくなって、今ではあれだけ辛かったデスクワークも難なくこなせるようになりましたし、週末のドライブも5年間の封印を解いて再開しました。

 

もしあの時モットンの話を聞いていなければ、もしあの時美容師さんのモットンの体験談を読んでいなければ、もしあの時モットンを購入していなければ…いま考えるとモットンを選んだのは必然だったのかもしれませんね。

 

モットンは耐久性が高く腰痛効果も長持ちするので面倒がない。

 

高反発マットレスとしての効果が持続するという耐久性の高さもモットンを選んだポイントの一つです。様々なメーカーの高反発マットレスが数年間の保証をつけていますが、モットンはその中でも特に長い10年保証です。

 

これは実際にモットン使い専門機関で耐久性について検査したデータを元に算出されているので非常に実証性の高いデータなんです。モットンにどんなに良い効果があっても、ヘタってしまっては意味が無いんです。

 

モットンが劣化すると体圧分散が落ち、反発力がなくなり、自然な寝返りもできなくなります。それに腰の部分が凹んでしまえば腰痛の再発ということも考える必要があります。もし耐久性が1〜2年の安い高反発マットレスを買えば、いつヘタっても文句は言えませんし、腰痛にビクビクしながら寝起きするなんてもう考えられません。

 

個人的にはモットンは10年も使わないと思います。それはなぜか?最も効果の高い状態でモットンの腰痛効果を実感したいから。

 

多分8年位で買い換えます。新しいモットンかそれとも別の高反発マットレスかはまだ決めていませんが、あの慢性腰痛でもう一度苦しむのは避けたいんです。そういった意味ではまだまだ何年も買い換えリスクやヘタってしまう心配をしなくとも良いというのは私にとっては本当に大事なポイントなんです。

 

ちなみにモットンの耐久性を調べた耐久試験では、1分間に60回ほど布団の厚みが半分になるまで圧縮して8万回に達した時点で30分間放置して厚みの計測を行い、歪み率を算出したそうです。仮に1日に平均20回の寝返りとして年間7300回(20回×365日)寝返りをすると仮定しても、約11年間使用しても3.9%しかヘタらないという耐久性の高さなので非常に安心できますね!

 

モットンは極厚の10cm仕様なので、ベッドフレームの有り無しを選べる。

 

モットンを選んだ最後のポイントが、ベッドフレームありでも使えるし、ベッドフレームが無くても使えるという汎用性の高さと、ベッドマットレスの上に敷くトッパータイプではない安定感と高い体圧分散力でした。

 

エアウィーヴやマニフレックスのような外国産の高反発マットレスでもトッパータイプであれば値段もそれなりに安く、それの方が良いのでは?と考えた時期もありますが、トッパータイプはズレたり、単体で使えなかったり、見た目がしょぼかったりするんです。

 

睡眠中のマットレスのズレは腰痛の原因になるらしいです。これ整体師の友人に聞いた話です。私も寝相がそこまで良い方ではないので、トッパータイプのような薄いマットレスだと寝返りの際にズラしてしまう自信があったんです。

 

そういう話も聞いていたので、やっぱり腰痛効果を実感するには中途半端なトッパータイプを購入するよりも、モットンの様な1枚で使えるタイプのものを選ぶべきだと思ったんです。

 

それにモットンは日本人向けの専用設計、日本人の腰痛対策マットレスとして作られているので、最も効果が高いのでは?と思ったからです。外国産のマットレスの場合、骨格が合わないという話も聞きますし、私は標準よりも少し細いタイプなので、なおさらだろうと。

 

あとは部屋の模様替えに合わせてベッドの有り無しを選択できるのは、個人的に嬉しいなと。お金をかけずに雰囲気を変えられるわけですから、10cmという極厚のモットンがそういう意味でも理想だったんです。 

 




>>モットンの公式サイトを今すぐチェックする!

モットンのデメリットとは?これがモットンに対する私の不満!

モットンにもメリットばかりではなく、デメリットや不満点があります。ここでは私がモットンを購入する際に感じたデメリットや、使っている際に思った不満点を3つのポイントに絞って紹介します。

 

モットンは洗えないし、天日干しできない。

 

高反発マットレスには洗えるタイプのエアウィーヴやブレスエアー、エアリーなどの3D構造体出できたものもあれば、モットンの様にウレタン素材でできた洗えないタイプもあります。これはそれぞれ一長一短があるので、どちらが良いとはいえませんが小さなお子さんがいる場合には、洗えるタイプの方が良いと思います。

 

なぜか?それはおねしょ問題です。流石に私はおねしょをする年齢ではありませんが、子供が小さいとおねしょしてしまって布団を濡らしてしまうなんてこともあるでしょう。モットンでおねしょ対策をする場合には、モットンと防水シートの組み合わせで寝る。ということになります。

 

防水シート自体は薄いのでモットンの体圧分散にもさほど影響はなく、快適に寝ることができますが、やはりモットンの上に何かを敷くというのは少し違和感があります。

 

私の場合、特に注意すべきなのは寝酒です。ベッドやソファーで横になりながらDVDを見たり本を読んだりするのが好きなんです。その時についお酒を飲みながら、なんてこともあります。不意にこぼしたら最後、モットンは洗えませんので、白いベロア調のシーツに汚れと匂いが付着します。

 

布団のように天日干しできれば、匂いも多少飛びますが、モットンの推奨は陰干し。つまり天日干し禁止です。布団乾燥機は使うことができますが、それでも匂いが多少は残るでしょう。その部分だけはモットンのデメリットだと思います。

 

ここでウレタン素材と3D構造体を比較した場合のメリットやデメリットを簡単に整理すると、

 

ウレタン素材の高反発マットレス

 

メリット

  • 適度な通気性があるので冬もさほど寒くない。
  • 電気毛布や布団乾燥機が使える物が多い。
  • 3D構造体よりもへたりにくい。

 

デメリットは、

  • 水洗いできない。
  • 最初ウレタンの臭いが気になる商品もある。

 

3D構造体の高反発マットレス

 

メリットは、

  • 普通に過程で水洗いできる。
  • 通気性が非常に高く寝苦しさを感じにくい。
  • 軽いのでメンテンスの際にラク。

 

デメリット

  • 通気性が非常に良すぎて冬は寒いことがある。
  • 電気毛布や布団乾燥機が使えないものが多い。

 

こんな感じでメリットとデメリットがあると思います。ただ普通のベッドマットレスは洗えないですし、普通は天日干しもできないのでそれと同じだと考えればそこまでのデメリットではないと私は考えました。

 

モットンはやはり価格が安くない。

 

これは高反発マットレス全体に言えることですが価格が安くないです。寝具に10万円以上も簡単に支払えればよいのですが、いくら腰痛に効果的だと言われても簡単に判断できる価格ではないですよね?

 

モットンの場合、今なら公式サイトで20,000円引きのキャンペーンを行っているので、シングルサイズであれば39,800円です。これならまだ検討できる金額ですが、もし59,800でしかモットンを購入できないのであれば非常に悩みます。

 

でも私の場合は慢性腰痛だったですし、色々な病院や施術をある程度やり尽くしていたということもありますし、モットンの場合90日後に返品できる。という返品保証もあったので、59,800円という価格でも購入していたでしょう。

 

普通の脚付きベッドであれば59,800円でも価格に納得感はありますが、さすがにマットレス単体で59,800円は高いと思います。しかし外国製の高反発マットレスを見れば普通に10万円を超えた商品も多いですから、比較検討をすればモットンになるのかもしれません。

 

ただいくら返品保証があると言っても、最初に39,800円は用意しなければなりません。でもモットンの公式サイトなら12回払い(毎月3,500円の支払い)もあるし、クレジットカードも使えるので一度に支払えない人でもモットンの公式サイトなら購入できるのでは?と思います。

 

私はクレジットカード払いでモットンを購入しました。ポイントも貯まるし、クレジットカードのリボ払いも使えたので、そこまで負担なく購入できましたので、価格の安くないモットンですが、少しでもあなたの支払いが楽になる方法を選んでみてください。

 

モットンは日本人専用設計でも日本製ではない。

 

日本製の商品か外国製の商品かを気にされる方もいらっしゃると思います。確かにモットンは日本人の腰痛対策マットレスとして日本人の骨格や筋肉などを元に日本人専用設計の高反発マットレスですが、モットンを作っているのは日本の工場ではなく、中国の工場なんです。

 

これをデメリットと捉えるかは本当に個人差があると思います。ただ最近はルイヴィトンやグッチ、プラダなどの高級ブランド品も多くが中国の工場で作られていますし、iphoneやipad、MACなどの精密機器も中国の工場で作られています。

 

実は私は少し中国に住んでいたことがあるので中国の国内事情を少し知っています。中国の工場には、外国向けの工場と国内向けの工場があり、それぞれ作られる商品の品質が違います。当然ながら国内流通向けの商品を作っている工場は質が悪いです。

 

 

日本国内で安く販売されているものの多くがそういった中国国内向け(もしくは後進国)の商品が転売されて流れているので、中国産は質が悪い。という固定概念があります。しかしルイヴィトンやグッチ、プラダなどの商品を見てもヨーロッパで作ったのか?中国で作ったのか見分けはつきませんし、生産地による値段の違いもありませんよね?

 

つまりしっかりと生産管理ができている工場で作られた商品であれば、国産と外国産の違いなど殆ど無いのです。それはその会社が現地の日本人スタッフを専任で置いていたり、厳しい品質管理を工場に課しているのか?ということによるんです。

 

モットンも多分日本の国内工場で生産をすれば今の価格では購入することができなくなるでしょう。少しでも良い商品をできるだけ低価格で提供したいと考え、品質管理が徹底できる工場を厳選したのだと思います。

 

個人的には外国産だからモットンの品質が良くないということはないと思いますし、モットンで慢性腰痛が改善しましたので、腰痛効果も高いことはわかっています。ただ日本産だけが良いと思っている人もいると思いますので、そういった人には外国産はデメリットになりえるのかも。と感じています。

 

モットン購入時に比較検討した高反発マットレス

モットンを購入する際にいくら返品保証があるとはいえ、他の高反発マットレスとも当然の様に比較検討しました。そこで他の高反発マットレスの特徴や価格など実際にモットンを購入するまでに集めた情報を紹介したいと思います。

 

実際に高反発マットレスを調べて始めると本当にキリがないんです。私もここまで価格差があるとは思ってもいませんでした。さすがに数千円の高反発マットレスを購入しようと思いませんでしたが、楽天やアマゾンを見るとモットンと同じような高反発マットレスが1万円以下で購入できるのに驚きました。

 

でも価格だけで購入するわけではなく、私の場合はしっかり慢性腰痛に効果があるもの。しかもその効果が長続きする耐久性のある高反発マットレスを軸に商品選びを行ったので、安さは魅力でしたがその値段では腰痛効果がないことは明らかだったので、最初から安すぎる高反発マットレスには興味がありませんでした。

 

現在売られている高反発マットレスで人気の商品は、エイプマンパッドH3、エイプマンパッドPAD4、マニフレックス、エアウィーヴ、エアリー、スリプール、西川エアー(ムアツふとん)、スマートスリープ(パラマウントベッド)、エムリリー、ドルメオ、テンピュール、雲のやすらぎ、13層やすらぎマットレス、イオン、ニトリ、アイリスオーヤマ‥もう本当にきりがないんです。

 

そんな中でも私が悩んだのがこの3つです。エアウィーヴ、マニフレックス、モットン。それぞれの特徴を簡単に紹介すると、

 

エアウィーヴ(75,600円 税込み) 

サイズ:厚さ60×幅1040×長さ1960mm
保証:30日間返品保証と3年間の交換保証

 

出典:http://airweave.jp/

エアウィーヴの特徴
適度な反発力のあるairfiberを大幅リニューアルし、復元性が高く、肩の部分を柔らかく改良したことで更に寝返りがし易い状態に。カバーは両面仕様で、表裏でCool面、Warm面となっており一年を通して快適に使え、公式サイトでは、毎月3100円で24回分割払いでの購入も可能。

 

マニフレックス モデル トリノ(73,440円 税込み) 

サイズ:厚さ160×幅1000×長さ1950mm
保証:12年間の交換保証

 

出典:http://www.flag-s.com/

マニフレックス モデル トリノの特徴
肌さわりの良い生地を採用したマニフレックスのラグジュアリーモデルの新商品で、16cmの厚みのマットレスで寝心地の違うリバーシブル仕様です。エリオセルとエリオセルMFという新素材の組み合わせで理想の弾力性と復元性を実現。

 

モットン(39,800円 税込み) 

サイズ:厚さ100×幅970×長さ1950mm
保証:90日間返品保証と10年間の交換保証、更にサイズと硬さの変更も少額の手数料のみで可能。

 

出典:http://motton-japan.com/

モットンの特徴
寝返りの際に従来の8割程度の力ででき、理想の体圧分散で腰への負担も少ない。8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性とウレタンマットレスなのに通気性が良く蒸れにくく、防ダニ加工でダニも寄せ付けない。

 

体重に合わせて、100Nと140Nと170Nと硬さを選ぶことができますし、第三者認証機関の様々な検査データを視覚化、これで性能の高さが簡単にわかります。また専用コールセンターで手軽に相談ができることと180日間のメールサポートつきなので、購入後も安心できます。

 

こうやって比較してもモットンが高反発マットレスでは一番コスパが良いんですよ。機能や性能もそうですが、日本のメーカーならではのきめ細やかなサポート体制。そして同じモットンの中でも硬さを選べるというモットンだけの強み。ここは本当にポイントが高いと思います。

 

同レベルの効果効能が期待できるのであれば、当然ながら価格は安いほうが良いですし、返品保証があることでリスク回避できるというのは初めて高反発マットレスを購入する人には本当にうれしいですよね!

 




>>モットンの公式サイトを今すぐチェック!