モットン デメリット 不満

モットンのデメリットや不満点とは?

モットンのデメリットや不満点について、実際に購入した私の体験を通じて紹介します。

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証! > モットンのデメリットや不満点とは?

モットンのデメリットや不満点とは?

私がモットンを購入する際に感じたデメリットや、使っている際に思った不満点を3つのポイントに絞って紹介したいと思います。モットンがいくら良い高反発マットレスだと言っても全く不満やデメリットがないということはありません。

モットンは洗えないし、天日干しできない。

高反発マットレスには洗えるタイプのエアウィーヴやブレスエアー、エアリーなどの3D構造体出できたものもあれば、モットンの様にウレタン素材でできた洗えないタイプもあります。これはそれぞれ一長一短があるので、どちらが良いとはいえませんが小さなお子さんがいる場合には、洗えるタイプの方が良いと思います。

なぜか?それはおねしょ問題です。流石に私はおねしょをする年齢ではありませんが、子供が小さいとおねしょしてしまって布団を濡らしてしまうなんてこともあるでしょう。モットンでおねしょ対策をする場合には、モットンと防水シートの組み合わせで寝る。ということになります。

防水シート自体は薄いのでモットンの体圧分散にもさほど影響はなく、快適に寝ることができますが、やはりモットンの上に何かを敷くというのは少し違和感があります。

私の場合、特に注意すべきなのは寝酒です。ベッドやソファーで横になりながらDVDを見たり本を読んだりするのが好きなんです。その時についお酒を飲みながら、なんてこともあります。不意にこぼしたら最後、モットンは洗えませんので、白いベロア調のシーツに汚れと匂いが付着します。

布団のように天日干しできれば、匂いも多少飛びますが、モットンの推奨は陰干し。つまり天日干し禁止です。布団乾燥機は使うことができますが、それでも匂いが多少は残るでしょう。その部分だけはモットンのデメリットだと思います。

ここでウレタン素材と3D構造体を比較した場合のメリットやデメリットを簡単に整理すると、

ウレタン素材の高反発マットレス

メリット

  • 適度な通気性があるので冬もさほど寒くない。
  • 電気毛布や布団乾燥機が使える物が多い。
  • 3D構造体よりもへたりにくい。

デメリットは、

  • 水洗いできない。
  • 最初ウレタンの臭いが気になる商品もある。

3D構造体の高反発マットレス

メリットは、

  • 普通に過程で水洗いできる。
  • 通気性が非常に高く寝苦しさを感じにくい。
  • 軽いのでメンテンスの際にラク。

デメリット

  • 通気性が非常に良すぎて冬は寒いことがある。
  • 電気毛布や布団乾燥機が使えないものが多い。

こんな感じでメリットとデメリットがあると思います。ただ普通のベッドマットレスは洗えないですし、普通は天日干しもできないのでそれと同じだと考えればそこまでのデメリットではないと私は考えました。

モットンはやはり価格が安くない。

これは高反発マットレス全体に言えることですが価格が安くないです。寝具に10万円以上も簡単に支払えればよ
いのですが、いくら腰痛に効果的だと言われても簡単に判断できる価格ではないですよね?

モットンの場合、今なら公式サイトで20,000円引きのキャンペーンを行っているので、シングルサイズであれば39,800円です。これならまだ検討できる金額ですが、もし59,800でしかモットンを購入できないのであれば非常に悩みます。

でも私の場合は慢性腰痛だったですし、色々な病院や施術をある程度やり尽くしていたということもありますし、モットンの場合90日後に返品できる。という返品保証もあったので、59,800円という価格でも購入していたでしょう。

普通の脚付きベッドであれば59,800円でも価格に納得感はありますが、さすがにマットレス単体で59,800円は高いと思います。しかし外国製
の高反発マットレスを見れば普通に10万円を超えた商品も多いですから、比較検討をすればモットンになるのかもしれません。

ただいくら返品保証があると言っても、最初に39,800円は用意しなければなりません。でもモットンの公式サイトなら12回払い(毎月3,500円の支払い)もあるし、クレジットカードも使えるので一度に支払えない人でもモットンの公式サイトなら購入できるのでは?と思います。

私はクレジットカード払いでモットンを購入しました。ポイントも貯まるし、クレジットカードのリボ払いも使えたので、そこまで負担なく購入できましたので、価格の安くないモットンですが、少しでもあなたの支払いが楽になる方法を選んでみてください。

モットンは日本人専用設計でも日本製ではない。

日本製の商品か外国製の商品かを気にされる方もいらっしゃると思います。確かにモットンは日本人の腰痛対策マットレスとして日本人の骨格や筋肉などを元に日本人専用設計の高反発マットレスですが、モットンを作っているのは日本の工場ではなく、中国の工場なんです。

これをデメリットと捉えるかは本当に個人差があると思います。ただ最近はルイヴィトンやグッチ、プラダなどの高級ブランド品も多くが中国の工場で作られていますし、iphoneやipad、MACなどの精密機器も中国の工場で作られています。

実は私は少し中国に住んでいたことがあるので中国の国内事情を少し知っています。中国の工場には、外国向けの工場と国内向けの工場があり、それぞれ作られる商品の品質が違います。当然ながら国内流通向けの商品を作っている工場は質が悪いです。

日本国内で安く販売されているものの多くがそういった中国国内向け(もしくは後進国)の商品が転売されて流れているので、中国産は質が悪い。という固定概念があります。しかしルイヴィトンやグッチ、プラダなどの商品を見てもヨーロッパで作ったのか?中国で作ったのか見分けはつきませんし、生産地による値段の違いもありませんよね?

つまりしっかりと生産管理ができている工場で作られた商品であれば、国産と外国産の違いなど殆ど無いのです。それはその会社が現地の日本人スタッフを専任で置いていたり、厳しい品質管理を工場に課しているのか?ということによるんです。

モットンも多分日本の国内工場で生産をすれば今の価格では購入することができなくなるでしょう。少しでも良い商品をできるだけ低価格で提供したいと考え、品質管理が徹底できる工場を厳選したのだと思います。

個人的には外国産だからモットンの品質が良くないということはないと思いますし、モットンで慢性腰痛が改善しましたので、腰痛効果も高いことはわかっています。ただ日本産だけが良いと思っている人もいると思いますので、そういった人には外国産はデメリットになりえるのかも。と感じています。

>>公式サイトなら20000円安く購入できる<<



>>モットンの公式サイトを今すぐチェックする!

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証!更新情報

モットン 口コミ

モットン 効果

モットン 評判