モットン 体圧分散 効果

モットンの体圧分散効果は?

モットンの体圧分散効果について検査データを元に科学的に説明します。

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証! > モットンの体圧分散効果は?

モットンの体圧分散効果は?

体圧分散という考え方、これは高反発マットレスだけではなく、低反発マットレスでも一部導入されているものですが、人間は人生の3分の1を寝て過ごすのでその時間の長さが体に与える影響は非常に大きいんです。

寝ている間に局所的な力がかかる状態が続くと骨格や関節、筋肉などに負担がかかるようになり、それが悪化することで腰痛や肩こりなどの症状として感じるようになります。

しかし体圧が上手く分散されることでそういった症状を発症するリスクも軽減でき、血流やリンパの流れも滞ることがないので、睡眠による疲労回復効果を高めることにもつながります。

しかし日本人は寝具に対する思い入れがさほど強くなく、どんな寝具を購入しても大きく変わらないと誤解している人が多いんです。実際には寝具による違いが多いにも関わらず、同じものをずっと使い続ける人が多いんです。

体圧分散というメカニズムの仕組みを科学的に分析することで、高反発マットレスが低反発マットレスや他の寝具よりも優れているということについても理解できると思います。この記事を参考に高反発マットレスのモットンの優れた特徴を更に詳しく紐解いてみましょう!

布団やマットレスの上に横になると、頭やお尻などの重みがある部分が沈み込む感じがしますよね?体圧計のデータでも個人差があるものの仰向けになった姿勢では、肩と腰の辺りに大きな体圧がかかることがわかっています。

大きな体圧がかかっている部分=負荷がかかっている部分なので、そこに歪みが生じたり筋肉のハリやコリなどが起こり緊張状態になるわけです。しかしその耐圧を上手く分散することができれば、筋肉も緊張状態にならずに腰痛や肩こりを改善してくれる効果が期待できるわけです。

人間は二足歩行で歩き回る様に進化したことで、立った状態では体がS字カーブを描いて腰・肩・頭などのバランスを取っていますが、仰向けに寝ると体圧がかかり理想のS字カーブが乱れてしまいます。つまりこのS字カーブを維持できる寝姿勢が理想系というわけです。

しかし低反発マットレスの様に柔らかすぎるマットレスの場合、大きく体圧がかかる肩や腰の部分で大きな沈み込みが起こり理想の寝姿勢を維持できずに肩こりや腰痛という症状になって体の不調が現れてしまいます。

逆に硬すぎるマットレスの場合にも、ある程度の寝姿勢は維持できるものの体圧がかかる首と腰の血流やリンパの悪化を改善する為に何度も寝返りを繰り返し筋肉の疲労を回復することができないんです。

実際に硬い床などで寝た際に体が痛くて起きてしまったという経験はありませんか?硬い床で寝ると体の痛みの原因や睡眠が浅くなるなど夜中に目覚める原因になりますし、体を休められないことで別の痛みを生み出す原因にもなりかねないのです。

ではモットンのような高反発マットレスの体圧分散が実際にどうなっているのか?この写真で確認してみてください。

このように硬すぎたり、柔らか過ぎるマットレスを使って寝ていると体のS字カーブが保てないことが原因でいくら寝ても疲れが取れにくかったり、睡眠時の体圧の影響による腰痛や肩こりの症状を引き起こすことに繋がるわけです。

ちなみにいくら高反発マットレスと言っても、価格の安いすぐにヘタってしまうものや既に寿命を迎えたものなどは、肩や腰の部分が既に凹んでしまっていることもあり腰痛や肩こりを改善させどころか、逆に悪化させることもあるので耐久性が高い高反発マットレス(モットンのように10年保証)の商品を選ぶ必要があります。

もしあなたが使っているマットレスが肩や腰の部分を触った際に他の部分と比べて柔らかくなっているようであれば、既にそのマットレスはへたり始めているということになりますので、買い換えないと腰痛や肩こりを悪化させる可能性があります。

>>公式サイトなら20000円安く購入できる<<



>>モットンの公式サイトを今すぐチェックする!

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証!更新情報

モットン 口コミ

モットン 効果

モットン 評判