モットン 洗える お手入れ

モットンは洗えるの?おすすめのお手入れ方法は?

モットンは洗えるタイプの高反発マットレスなのか?それとも洗えないのか?おすすめのお手入れ方法について紹介します。

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証! > モットンは洗えるの?おすすめのお手入れ方法は?

モットンは洗えるか洗えないのか?

残念ながらモットンはウレタン素材の高反発マットレスなので洗うことができないんです。高反発マットレスで洗えるのは釣り糸のような素材でできたエアウィーヴやエアリーなどの3次元構造体のモデルだけです。

基本的にウレタン素材でできた高反発マットレスは本体を洗うことができませんので、陰干しが推奨されています。もし本体に汚れがついた場合には、水を浸した布なので押さえつけることで汚れを浮かして取ります。

モットンはカバーが脱着できるタイプなので、汚れが気にならない程度にカバーを洗うようにしましょう。その際にカバーのベロア調の部分が傷まないように裏返して、洗濯ネットなどに入れておけばOKです。

カバーは天日干しできますので、本体を陰干ししてカバーをつければその日は普通に天日干しした後の布団の様に太陽の匂いを感じながら寝ることもできます。

モットンの本体を干す際の注意事項は?

モットンの本体は陰干しが基本ですが、瞬間的であれば天日干しできます。でもモットンの内部温度が50℃を超えるような状態になるとウレタンの固さや形状に変化が起こる可能性がありますので、極力行わないほうが良いと思います。*メーカー非推奨です。

モットンなどの高反発マットレスは、どんな素材でも陰干しをメーカーは推奨しています。

それと干すからといってウレタン素材の中に水分が染み込むほど水を浸した布で拭くと中に水分が吸収されてこれもウレタン素材の固さや形状の変化の原因に繋がりますので、干す際にも水拭きは程々にしてください。

モットンのおすすめのお手入れ方法とは?

これは1週間に1回以上陰干しを行うことです。陰干しと言っても掛け布団や毛布、夏掛けなどをずらして壁にモットンを立てかけるだけです。それで数時間放置しておけば底面にたまった湿気が空気中に放出されますので、それで陰干しは完了です。

できれば窓を開けたり、風通しの良い場所に置くのが好ましいですが、移動するのが面倒であればベッドの上で立てかけておくだけでOKです。私の部屋はそこまで湿度の高い部屋ではないので、ベッドの上で壁に立てかけるだけで全く問題ありません。

モットンの場合、布団乾燥機が使えるので、立てかけるのが面倒な人、ダニやカビが気になる人などは布団乾燥機で一気に湿気対策とカビ・ダニ対策を行ってしまうのが良いと思います。

マットレスのカビやダニはアレルゲンとなりアレルギー症状を引き起こす原因にもなりかねますので、その点だけは注意をしてください。基本的には防カビ・防ダニ仕様ですが環境や使い方によってはカビが生えることもあると思いますので、万年床にしている人はご注意ください。

>>公式サイトなら20000円安く購入できる<<


>>モットンの公式サイトを今すぐチェックする!

モットン口コミと腰痛効果を徹底検証!更新情報

モットン 口コミ

モットン 効果

モットン 評判